*

タロット リーディングの始め方

 
大アルカナだけで占う場合と、
小アルカナだけで占う場合、
大・小アルカナ合わせて占う場合とがあります。

タロットカードをテーブルの上に裏返して広げます。

 

SPONSORED LINK

 
シャッフルの前に、まず質問を決めます。

質問を決めます

カードに尋ねる質問は一つだけ
「私の×××については3か月後何が起こりますか?」というように
言葉で表現した形で、心の中で静かに問いかけます。

「彼氏はできますか?」
「今の彼とうまくいきますか?」
「某会社に就職を考えていますがうまくいきますか?」

など、できるだけ具体的な質問をします。
アバウトな質問にはアバウトな答えしかかえってきません。

「明日から私はどうすればいいんでしょう~。」みたいな質問は
アバウトすぎるので、何をどうしたいのか・・詰めていきましょう。

シャッフルのやりかた

質問が決まったら、カードをシャッフルします。

s

シャッフルのやり方には、特に決まりはないようです。
占い師の方によって、異なることが多いです。

カード全体に手のひらが当たっている感覚で
かき回します。

寄せ集めて全部同じ向きに揃えて
一つの山にします。

左手でカードを3つの山に分けます。
左右どちらから並べても大丈夫です。

左手を使う理由
左手は潜在意識の手であるとされており、左手を使う事で、
潜在意識から質問者の問いかけの答えを引き出してくれると
信じられているからなんです。

3つに分けたら、先ほどとは違う順序で、
一つの山にまとめます。

ここから、スプレッドにあわせて並べていきます。

    【スプレッド】

  • 3枚引き下記に説明あり
  • 4枚引き下記に説明あり
  • 10枚引き
  • 30枚引き
  • 12か月占い
  • 22スプレッド
  • ラブスプレッド
  • ヘキサグラム下記に説明あり
  • ケルト十字下記に説明あり
  • 二者択一
  • 恋愛(相性)

カードのリーディング

現在、過去、未来などのカードのポジションによる
一枚一枚の解釈の後、一枚ずつバラバラに読むのではなく
総合的にリーディングしていきます。ストーリーをどう読むか?ですね。

カード全体の展開パターンと、レイアウトが、
どのように関係しているかをみていきます。

 
全体の雰囲気をつかむ
明るい、暗い、冷たい、温かい、きれいなど、
リーダーが直感的に感じた印象は重要です。

大アルカナが最も多い時
質問者の質問は、きわめて深刻なものであるということを
示しています。

1枚だけが「大アルカナ」ならば、
そのポジションに焦点をあてて読みます。

逆位置のカードが最も多い時
質問者の気持ちが混乱しているか、質問そのものが
苦しみから生じていることを示します。

10枚すべてのカードが逆位置ならば
シャッフルのやり直しを行いましょう。

逆位置(リバース、さかさま)は、
ほとんどのカードにおいて意味が異なってきます。

コートカードが最も多い時
質問に巻き込まれている他の人々
質問に影響を与えている他の人々がいます。

また、人物だけではなく、質問者の状態、状況などを
暗示しますので要注意です。

■ スートが最も多い時
もしワンドが最も多ければ、質問内容は
質問者が野心を燃やしている事柄についてです。
冒険、挑戦、計略の時ととらえます。

もしカップが最も多ければ、質問者は
感情的、過敏になっています。
質問内容自体、感情にふれるような事柄についてです。
感情や感受性、愛情関係に焦点が当たるはずです。

もしソードが最も多ければ、質問内容は
質問者あるいは問題にかかわっている人が
どのような行動をとるかということです。

あるいは、ある種の戦い、争いに関することかもしれません。
質問者は今の状況を戦いのときととらえています。

もしペンタクルスが最も多ければ、質問者は
現実的な態度でことに臨んでいるか、
もっと現実的でありたいと熱望しています。

質問内容は資金、財産、仕事など経済的な問題に関しての
ことでしょう。

ケルト十字スプレッド カードのポジション

タロット占いのなかでは、一番ポピュラーで、
占い師っぽく見えてカッコいい(〃▽〃)

この名前の由来は、実際のケルト十字に似ているから。
ケルト十字とは、十字の中心を取り囲む円を配した十字架です。

注意)5のポジションに6を、6のポジションに5を
置くやり方もありますが解釈は変わりません。

1と2の二枚のカードは、
現在抱えている問題の核心部分を示します。

3~6の四枚のカードは、
問題の過去と未来を明らかにします。

あと、残りの四枚のうち三枚は追加的な情報を提供します。

重要なポジションに着目する!
最終結果のポジションと、未来のポジションは重要です。
また、キーカード(2)やワイルドカード(9)も重点的に
読むべきでしょう。
 
①のポジション(現在の状況)
質問者を取り囲む現在の状況を示します。
今何が起きているのか・・。
今あなたが抱えている問題の本質、今悩んでいること。

②のポジション(影響と障害・トラブル)
良いカードがでれば、助けてくれる力を示します。
常に正位置での解釈になります。
あなたに、今のしかかっている問題を示します。
今の状況を乗り越えるために克服しなければならない問題や
取り組むべき問題、今のあなたを阻むものなどを表します。

③のポジション(目標・願い)
目標や願いを示しています。
このままいくとどうなるか・・。
起りそうなことを示しています。

クロス(十字)の上の部分に位置するこのカードは、
あなたの目標や願いを示しています。
また進むべき方向や、
あなたの理想とするものが何かについても示します。

④のポジション(今の問題の原因)
クロス(十字)の下の部分はあるこのカードは、
問題の基層を意味します。
今の問題の原因になっている事、あなたが依拠している
無意識な考えなどを示すものです。

⑤のポジション(近い過去・最近)
質問者の過去の経験を示します。
あなたにとっての近い過去に何が起こっていたのか、
具体的な出来事を指します。

⑥のポジション(近い未来)
目前にせまっている未来を示します。
今の状態のまま進んでいけば
近い未来に何が起こってくるのかを示すヒントが表れます。

⑦のポジション(本音・無意識)
質問者が質問内容をどう見るか、心理的展望を意味します。
あなたの無意識の中に何があるのか、
あなたの隠された本音などが浮かび上がってきます。
また、直接問題とは関係なくても
考えておくべき要因などもここに示されます。

⑧のポジション(環境・周りの見方)
家庭、職場、周りの人があなたをどんなふうに見ているのかや、
周囲の状況そのもを表します。
協力者の有無などもここに示されることになります。
あなたを取り巻く人間関係が明らかになります。

⑨のポジション(期待と恐れ)
将来のあなたの気持ちが示されます。
それは、あなたが今後抱くであろう「望みや恐れ」です。
占っている今はまだ考え付かない、
〝気持ちの変化”などを示すものです。

良いカードがでれば、期待・望み、
悪いカードがでれば、恐れです。

質問者の将来の気持ちですが、その事柄が、
具体化するということをあらわすものではありません。

⑩のポジション(最終結果・結論)
今の問題が進んでいくと最終的にどんな結果になるのか、
あるいはあなたがそのことから何を学び取るのか、
といったことを、このカードから読み取ることができます。

このカードは、どのようにすれば問題が解けるのか、とか
質問のなかで限定された期間内で、何が起こるのかということ。
6のポジションカードとあわせて見ていきます。

実際に占ってみましょう!

 

ヘキサグラム

kazuki.

 

3枚引きスプレッド カードの位置

3枚引きカード(過去・現在・未来)
tekisuto

 

4枚引きスプレッド カードの位置

4枚引きカード(起承転結

この事象に対してどうだろう?
このビジネスをやったらどうなるだろう?

tekisuto

ひとつにまとめたカードの上から順番に置いていきます。
1・・導入期(初めの頃)
2・・成長期前半(軌道にのったあとの前半)
3・・成長期後半(軌道にのったあとの後半)
4・・成熟期(最終結果)


 
実際に占ってみましょう!

主な参考書籍:《送料無料》タロット教科書 第1巻

私のお気に入りのタロット本とタロットカードです。
この二つさえあれば、あなたもタロット占い師!?
【新品】【本】タロット教科書 第1巻 マルシア・マシーノ 栄チャンドラー

タロットカード☆日本語解説小冊子付 ライダースタンダード アーサー・エドワード版☆RIDER TAROT OF Arthur E. Waite

SPONSORED LINK


公開日:
最終更新日:2017/05/10