*

「 大アルカナ 22枚 意味「絵柄の解釈つき」 」 一覧

11番 正義 「絵柄の解釈つき」

運命の輪へ 吊るされた男へ このカードは「自分が正しいと思うことを信じて進むよりほかない」と伝えているようです。このカードを引いた瞬間、ふっとやましさや後ろめたさを感じたならば、あなたが進もう

続きを見る

10番 運命の輪 「絵柄の解釈つき」

隠者へ 正義へ このカードは基本的には人生の大きな岐路があり、そこに自分が関わろうとしているということを表わしています。したがって、そのままにしていれば運命に流されるし、積極的選択をすれば運命

続きを見る

9番 隠者 「絵柄の解釈つき」

力へ 運命の輪へ 心理学的に左への進行は心の深層へ向かっていることを表わします。右への進行は外界に向かっています。隠者は世間から離れて真理の探究をしようとしているので左へ歩いていくのがふさわし

続きを見る

8番 力 「絵柄の解釈つき」

戦車へ 隠者へ 一般的に力を力で押さえつけるのも一つの手ではあるが、もう一つの手として、力を心で制御するというのもある。人は愛する者のためにこそ力を出すし、絶対的な愛は刹那的(せつなてき)な暴

続きを見る

7番 戦車 「絵柄の解釈つき」

恋人へ 力へ カードは2頭の馬に引かれている。つまりこれは組織的突進であり、つながれていない馬もあやつらなければならない。性格の違う部下、同僚、道具などをうまく使いこなし、彼らと良好な関係を保

続きを見る

6番 恋人 「絵柄の解釈つき」

法王へ 戦車へ この恋人のカードを引いたなら、楽しみや喜びを感じることを素直に追及しましょう。理屈抜きで好きだからなんとなく誘ってみるなど気楽な気持ちで進めることが大切なようです。

続きを見る

5番 法王「絵柄の解釈つき」

皇帝へ 恋人へ 基本的にこのカードは宗教関係の象徴です。儀式ということで結婚式や葬式を表わすこともあります。恋愛関係でこのカードが出たら「結婚」あるいは「相手の実家への訪問」などと読むことはで

続きを見る

4番 皇帝「絵柄の解釈つき」

女帝へ 法王へ 世俗的な頂点にあることを示しています。指導力、統率性、野心、富、権威などがあります。しかし、その地位からくる疲労も否めません。仲間がいなければ人は出世できないが、出世していくに

続きを見る

3番 女帝「絵柄の解釈つき」

女教皇へ 皇帝へ 「皇帝、女帝、魔術師、女教皇」この4枚は家族を表現している。 「ザ・エンプレス(女帝)」 【 女帝の絵柄の解釈 】 Ⅲという数字は増える

続きを見る

2番 女教皇「絵柄の解釈つき」

魔術師へ 女帝へ 女教皇が座っている背景の柱の間の向こうには、別世界があるとされ、彼女はその入り口の前で番をしているのだとも言われています。真に中を探求しようと志すものだけがそこに入る許可がも

続きを見る

PAGE TOP ↑