*

「 大アルカナ 22枚 意味「絵柄の解釈つき」 」 一覧

21番 世界 「絵柄の解釈つき」

審判へ 「世界」は最後の「審判」のあとにくるものであって、ここにあるのは新世界なのだそうな~。従って古い価値観は消滅し、また新しくすべてが始まるのである。 「ザ・ワールド(

続きを見る

20番 審判「絵柄の解釈つき」

太陽へ 不振から立ち直って再出発です!手術であれば成功。決心、決定するとき。新しい時代へ代替わり。 「ジャッジメント(審判)」 【 審判の絵柄の解釈 】

続きを見る

19番 太陽「絵柄の解釈つき」

月へ 星、月、と少しづつ育ってきたものがここで結実します。実現のカードです。太陽のカードは成功を意味しますが保護された中での成功であり、更に先があると考えて良い。 「ザ・サン(

続きを見る

18番 月 「絵柄の解釈つき」

星へ 「あいまい」なこのカード。基本的には星で生まれた希望が育ってきているが、まだ太陽になるまでは育っておらず、やっと他人の光で光りはじめた「お月様」の状態。だから「まだお月様」と読むか、「もう

続きを見る

17番 星「絵柄の解釈つき」

塔へ 悪魔、塔で打ちのめされた末に、トンネルの向こうに明るい出口の光が見えたような、そういう希望のカードになります。 「ザ・スター(星)」 【 星の絵柄の解釈 】

続きを見る

16番 塔 「絵柄の解釈つき」

悪魔へ 星へ 基本的に突発的な出来事を示します。一般的には悪い出来事が多いですが、一目ぼれとか、宝くじの当選とかいった広い意味での「事故」を表わすこともあります。 「ザ・

続きを見る

15番 悪魔 「絵柄の解釈つき」

節制へ 塔へ 悪魔のカードは、災害や疾病なども表します。また束縛や、性的な要素も強く、実際にセックスそのものやSMプレイなどを意味します。 「ザ・デビル(悪魔)」

続きを見る

14番 節制 「絵柄の解釈つき」

死神へ 悪魔へ このカードには愛や性といった要素が強く、ある意味では「愛は死より強し」を表わしているともいえます。男女の統合の意味があります。 「テンペランス(節制)」

続きを見る

12番 吊るされた男 「絵柄の解釈つき」

正義へ 死神へ このカードの人物は恐怖に震えるではなく、むしろ平然としていたり笑っていたりします。何かを得るためにこの状態で修行をしている人かもしれません。 「ザ・ハング

続きを見る

13番 死神 「絵柄の解釈つき」

吊るされた人へ 節制へ 基本的には「死」を表わしますから病気の経過を占って出た時はこの世からあの世へ移行するという意味で厳しい。しかし、妊娠したかな?と引いてこのカードが出た場合、あの世からこ

続きを見る

PAGE TOP ↑