*

13番 死神 「絵柄の解釈つき」

公開日: : 最終更新日:2017/11/20 大アルカナ 22枚 意味「絵柄の解釈つき」

SPONSORED LINK

吊るされた人へ
節制へ

基本的には「死」を表わしますから病気の経過を占って出た時はこの世からあの世へ移行するという意味で厳しい。しかし、妊娠したかな?と引いてこのカードが出た場合、あの世からこの世へ移行するという意味で、出産や受胎の意味もあります。

【 死神の絵柄の解釈 】

「死神」は、死と再生のカード。悪いものを捨て去って、いいものが現れるという強いカードです。生まれ変わりをスムーズにする。

白馬は肉体的欲望をシンボライズしています。その馬は死神のカードが真に伝える生まれ変わりをスムーズにするため必要なものを表わしています。

ハデスの門(あの世)の向こうに朝日が昇っています。「再生」を表しています。

川の流れが急に変わっているのは、誰の身にも突如と降りかかる大きな変化に、注意を促されていることを表します。

バラの花が描かれた黒い旗は「薔薇十字団の紋章」といわれ、人類を死や病といった苦しみから永遠に解放するという、不老不死の実現を表しています。

【 死神のイメージ】

 
エジプトの神カオスです。ヌーン、もしくはヌ―と呼ばれあらゆる生命が誕生した原始の海を表現したものです。

大鎌を携えあらゆる生命を刈り取る死神です。魂の不滅性を悟ることによって、新しい自由と開放を体験するすべての人のことです。

死が物事の終末だけではなく魂は保存、変換され再生の機会を得ることを象徴します。

SPONSORED LINK

【 死神の解釈 】

正位置

このカードが正位置に出ると望ましい変化・新しい始まり・情緒の成長・変化。過去が捨てられる。再生の機会を得る。

束縛の解放や、望ましい変化を意味します。新しい生活、異なったサイクルが始まります。

嫌だった会社を辞めて転職できる。イヤな人間関係が断ち切れていい友達ができます。

移動という意味が暗示されています。引っ越し、転勤、考え方が変わるなどです。

ノイローゼやその他の心の病から解放されます。静かで健康的な愛の心が、過去の不幸な事柄による苦しみをやわらげてくれます。

逆位置

このカードが逆位置に出ると暗礁に乗り上げた状態になり、一時的に行き詰まりますが、やがてこの障害は消え去ります。そして、状況は元の通りに進みます。

しばし、あきらめかけていた事柄が逆転する暗示を表しています。

*~*~*~*~*~*~*

大アルカナ一覧はこちらへ
吊るされた人はこちらへ
節制はこちらへ

※ 主な参考書籍:《送料無料》タロット教科書 第1巻

SPONSORED LINK

関連記事

15番 悪魔 「絵柄の解釈つき」

節制へ 塔へ 悪魔のカードは、災害や疾病なども表します。また束縛や、性的な要素も強く、実際に

記事を読む

18番 月 「絵柄の解釈つき」

星へ 「あいまい」なこのカード。基本的には星で生まれた希望が育ってきているが、まだ太陽になるま

記事を読む

7番 戦車 「絵柄の解釈つき」

恋人へ 力へ カードは2頭の馬に引かれている。つまりこれは組織的突進であり、つながれていない

記事を読む

2番 女教皇「絵柄の解釈つき」

魔術師へ 女帝へ 女教皇が座っている背景の柱の間の向こうには、別世界があるとされ、彼女はその

記事を読む

14番 節制 「絵柄の解釈つき」

死神へ 悪魔へ このカードには愛や性といった要素が強く、ある意味では「愛は死より強し」を表わ

記事を読む

11番 正義 「絵柄の解釈つき」

運命の輪へ 吊るされた男へ このカードは「自分が正しいと思うことを信じて進むよりほかない」と

記事を読む

1番 魔術師「絵柄の解釈つき」

愚者へ 女教皇へ 基本的な意味は「魔法」と「スタート」です。スタートといえば入学、創業、新婚

記事を読む

16番 塔 「絵柄の解釈つき」

悪魔へ 星へ 基本的に突発的な出来事を示します。一般的には悪い出来事が多いですが、一目ぼれと

記事を読む

4番 皇帝「絵柄の解釈つき」

女帝へ 法王へ 世俗的な頂点にあることを示しています。指導力、統率性、野心、富、権威などがあ

記事を読む

6番 恋人 「絵柄の解釈つき」

法王へ 戦車へ この恋人のカードを引いたなら、楽しみや喜びを感じることを素直に追及しましょう

記事を読む

PAGE TOP ↑