*

8番 力 「絵柄の解釈つき」

公開日: : 最終更新日:2017/11/20 大アルカナ 22枚 意味「絵柄の解釈つき」

SPONSORED LINK

戦車へ
隠者へ

一般的に力を力で押さえつけるのも一つの手ではあるが、もう一つの手として、力を心で制御するというのもある。人は愛する者のためにこそ力を出すし、絶対的な愛は刹那的(せつなてき)な暴力に勝る。

【 力の絵柄の解釈 】

「力」は、女性的な力です。ライオンをなだめているのは、腕力ではなくて、神の愛の力です。頭上に無限記号が描かれています。無限の力を秘めている。

自分の目標を達成するため、愛の力を使う不思議な女性です。相手に対して優しさをもって接することで勝つ。という女性的な力。

カードの女性は、自らの神性を悟りました。それは純白のローブと頭上の無限記号が表しています。

彼女は、彼女の欲望をなだめるために自分自身を理解しようとしています。日常の行動パターンを作りだしている記憶の中を探求することで自分の行動をしっかりと認識することができるのです。

自分自身を理解することで私たちは力を得ます。その力によって私たちは無意識の本能をコントロールすることができるようになります。

【 力のイメージ 】

彼女は、内なる野獣性ををおとなしくて、なずけてしまう女神ビーナスです。自分の目標を達成するため愛の力をつかう不思議な女性です。支配され純化された潜在意識です。彼女は、ヒンズー教では女神クマリです。愛と尊敬をもって、理解し、許そうとする私たちの優しさの一面です。

SPONSORED LINK

 

【 力の解釈 】

正位置

気力・信念・努力・根気・積極的な姿勢。意志の強い人物・自分自身の理解・忍耐・自愛・大恋愛・崇高なる愛情・人を理解し、受け入れる愛の力。

このカードが正位置に出ると人に親切にすることが目標達成の近道であると
暗示しています。

不屈の精神による障害の克服、忍耐によって得る勝利を表します。

自分自身を理解することによって、恐れとか、コンプレックスはだんだん解消され、好ましい結果をもたらすでしょう。

逆位置

放棄・無謀・無理・過信・無気力・わがまま・自己嫌悪・自己不信・自意識過剰。極めて危険な心理状態です。

このカードが逆位置に出ると怒りが表面化し、暴力沙汰を起こすかもしれません。挑発をうけて行き過ぎた行動にでないように。

誤解や憎しみが自己嫌悪を引き起こし、人間関係をこわす原因になるという暗示があります。

*~*~*~*~*~*~*

大アルカナ一覧はこちらへ
戦車はこちらへ
隠者はこちらへ

※ 主な参考書籍:《送料無料》タロット教科書 第1巻

SPONSORED LINK

関連記事

1番 魔術師「絵柄の解釈つき」

愚者へ 女教皇へ 基本的な意味は「魔法」と「スタート」です。スタートといえば入学、創業、新婚

記事を読む

15番 悪魔 「絵柄の解釈つき」

節制へ 塔へ 悪魔のカードは、災害や疾病なども表します。また束縛や、性的な要素も強く、実際に

記事を読む

5番 法王「絵柄の解釈つき」

皇帝へ 恋人へ 基本的にこのカードは宗教関係の象徴です。儀式ということで結婚式や葬式を表わす

記事を読む

10番 運命の輪 「絵柄の解釈つき」

隠者へ 正義へ このカードは基本的には人生の大きな岐路があり、そこに自分が関わろうとしている

記事を読む

12番 吊るされた男 「絵柄の解釈つき」

正義へ 死神へ このカードの人物は恐怖に震えるではなく、むしろ平然としていたり笑っていたりし

記事を読む

2番 女教皇「絵柄の解釈つき」

魔術師へ 女帝へ 女教皇が座っている背景の柱の間の向こうには、別世界があるとされ、彼女はその

記事を読む

19番 太陽「絵柄の解釈つき」

月へ 星、月、と少しづつ育ってきたものがここで結実します。実現のカードです。太陽のカードは成功

記事を読む

16番 塔 「絵柄の解釈つき」

悪魔へ 星へ 基本的に突発的な出来事を示します。一般的には悪い出来事が多いですが、一目ぼれと

記事を読む

20番 審判「絵柄の解釈つき」

太陽へ 不振から立ち直って再出発です!手術であれば成功。決心、決定するとき。新しい時代へ代替わ

記事を読む

14番 節制 「絵柄の解釈つき」

死神へ 悪魔へ このカードには愛や性といった要素が強く、ある意味では「愛は死より強し」を表わ

記事を読む

PAGE TOP ↑