*

3番 女帝「絵柄の解釈つき」

公開日: : 最終更新日:2017/11/20 大アルカナ 22枚 意味「絵柄の解釈つき」

SPONSORED LINK

女教皇へ
皇帝へ

「皇帝、女帝、魔術師、女教皇」この4枚は家族を表現している。

【 女帝の絵柄の解釈 】

Ⅲという数字は増える事、作り上げる事を意味します。

「女帝」のカードは、花が咲き乱れる中、豪華な衣装をまとった妊婦がくつろいでいて、生産と実りの豊かさの象徴です。翼のような形の椅子はそこに座る彼女のスタンスの表れ。

生命を生み出す者として地上に根を下ろす立場でありながらその精神はポジティブで軽やかです。

【 女帝のイメージ 】

このカードは必ずしも制度的な「結婚」というより妊娠、出産の方に力点が置かれている。

彼女は、ローマ時代の愛と豊かさの女神ビーナスです。美しい絵やメロディアスなサウンドに反応する、私たちが生れながらにして持っている天性です。

彼女はハートであり、私たちはそのハートでもってじかに人生にふれ、感動を得ることができるのです。

SPONSORED LINK

 

【 女帝の解釈 】

【 正位置 】

結婚・母親・母性・計画や事業の成長と発展。成長、愛を与え合う能力。女性的魅力・繁栄・豊かさ。

このカードが正位置に出ると計画や事業の成長と発展です。愛の力によって支配し、目標を成就します。

愛情が最高に高まっている時を表します。愛し、愛され、愛する人との時をエンジョイしています。

彼女の目的は、自分の才能や素質を引き出すことです。これを達成することが心にやすらぎをもたらすカギです。

非常に肯定的で、発展、ひらめき、芸術性、創造性、繁殖力、満足感や裕福を表し、特に、質問者の肉体的や精神的な満足、あるいは血縁関係、家族や家庭に影響を及ぼします。

さらに家の母権、強い母性愛、またすばらしい結婚をも意味します。

【 逆位置 】

嫉妬・孤独・停滞・よどみ・心の苦しみ・わがまま。浪費・暴飲暴食・結婚への拒否反応・離婚・不貞へと発展。過保護・自己中心的・成長がない。感情が無理に抑えられる。

このカードが逆位置に出ると自信喪失を表します。情調不安定な女性が暗示されます。彼女は愛されることも、必要とされることもなく孤独です。

質問者の不安な気持ちや自信喪失が、自分の肉体的、精神的な満足に影響し、想像力を低下させます。

特に家や職場で、熟年の女性と意見の相違があるかもしれません。

人生には不可欠な「愛し捧げる」ということができないでいます。

*~*~*~*~*~*~*
◆大アルカナ22枚を理解しよう!に戻る
◆女教皇はこちらへ
◆皇帝はこちらへ

※ 主な参考書籍:《送料無料》タロット教科書 第1巻

SPONSORED LINK

関連記事

16番 塔 「絵柄の解釈つき」

悪魔へ 星へ 基本的に突発的な出来事を示します。一般的には悪い出来事が多いですが、一目ぼれと

記事を読む

21番 世界 「絵柄の解釈つき」

審判へ 「世界」は最後の「審判」のあとにくるものであって、ここにあるのは新世界なのだそうな~。

記事を読む

10番 運命の輪 「絵柄の解釈つき」

隠者へ 正義へ このカードは基本的には人生の大きな岐路があり、そこに自分が関わろうとしている

記事を読む

4番 皇帝「絵柄の解釈つき」

女帝へ 法王へ 世俗的な頂点にあることを示しています。指導力、統率性、野心、富、権威などがあ

記事を読む

9番 隠者 「絵柄の解釈つき」

力へ 運命の輪へ 心理学的に左への進行は心の深層へ向かっていることを表わします。右への進行は

記事を読む

14番 節制 「絵柄の解釈つき」

死神へ 悪魔へ このカードには愛や性といった要素が強く、ある意味では「愛は死より強し」を表わ

記事を読む

18番 月 「絵柄の解釈つき」

星へ 「あいまい」なこのカード。基本的には星で生まれた希望が育ってきているが、まだ太陽になるま

記事を読む

6番 恋人 「絵柄の解釈つき」

法王へ 戦車へ この恋人のカードを引いたなら、楽しみや喜びを感じることを素直に追及しましょう

記事を読む

12番 吊るされた男 「絵柄の解釈つき」

正義へ 死神へ このカードの人物は恐怖に震えるではなく、むしろ平然としていたり笑っていたりし

記事を読む

20番 審判「絵柄の解釈つき」

太陽へ 不振から立ち直って再出発です!手術であれば成功。決心、決定するとき。新しい時代へ代替わ

記事を読む

PAGE TOP ↑