*

タロットカード 小アルカナ「ペンタクルスのエースから10まで」の意味

公開日: : 最終更新日:2017/04/26 小アルカナ 56枚 意味

 
タロットカードの小アルカナ「ペンタクルス(金貨・コイン」には
「キング・クィーン・ナイト・ペイジ」と、
「エース~10」までのカードがあります。

ここでは「エース~10」までのカードの意味をみてみます。
どのような出来事がくりひろげられているでしょうか?

 

SPONSORED LINK

 

ペンタクルスのエース 

エースのカードは、事の始まりを表し
小アルカナの中で最も強いカードです。

ペンタクルス1

正位置
◆ 繁栄・財産・安定・将来への可能性・良いスタート

忍耐強く働くことによって、結果が得られることを暗示します。

仕事、財産、繁栄、買い物などと関係する
目に見える結果が得られます。

逆位置
◆ 喪失・ケチ・貪欲・執着心・中途半端な成功

仕事、金銭、業績について、大きな不満が残るかもしれません。
金銭への執着心があります。

ペンタクルスの2 

2のカードの基本テーマはバランスです

ペンタ2

正位置
◆ 楽しむ・やりくり・活用・楽しい出来事・流動

人生における変化は永遠であり、変化の流れにのる準備が
できていることを表します。

二つの仕事を持ったり冒険的なことに一つ携わりながら
新しい冒険に首をつっこんでみたり、
支払いのために資金をやりくりしたり、責任を果たす意味があります。

逆位置
◆ 失望・困難・軽薄・方針

金銭の使い道や何かのやりかたについて誤ってしまいます。
責任を果たすことができません。

能力以上の仕事を引き受けようとしたり、
わずかな資金でもって事業を拡張しようとしたり、
借金を返済するために違法な行為をやりかねません。

ペンタクルスの3 

3のカードの基本テーマは成長です

ペンタクルス3

正位置
◆ 才能・技術・個性・特性・建設的・チームワーク

仕事、才能、教育、金銭に関する事柄が
成長し伸びることを示しています。

自らが選んだ分野での達成、昇進、認知、名誉、学位、公認を
示しています。

精神面での成熟あるいは自分自身に対する熟知、
問題の克服を意味しています。

逆位置
◆ 未熟・自己満足・中途半端・ありきたり

いい加減な気持ちで試みや、反前の、職能、技術を意味します。
技術や、能力を出し惜しみしています。

ほとんど努力がなされず、働き方も手ぬるいです。

ペンタクルスの4 

4のカードの基本テーマは安定です

ペンタクルス4

正位置
◆ 執着・強欲・嫉妬・経済的安定・物質的成功

自ら作り上げた経済基盤にどっしりと腰をすえ、
しっかりとした組織は経済的安定をもたらします。

ワンマンで自信過剰、他人を信じない。
愛する人に対して、仕事に対して、
持っている物すべてに対しての独占欲意識が強いです。

逆位置
◆ 見込み違い・遅延・障害・一時停止・予想外

築き上げたものを維持することができません。
ずさんな金銭管理や軽率な行動から経済的安定は失われていきます。

仕事や金銭面で問題が起こり、避けがたい障害が襲います。

ペンタクルスの5 

5のカードの基本テーマは変化です

ペンタクルス5

正位置
◆ 貧困・困窮・欠乏感・損失・苦境・自己不信・憂うつ

崩壊、不安定、不幸のどん底に陥った貧困を表しています。

経済的な面では、財産、仕事、資金源など喪失を意味します。
健康面でのトラブルも暗示されています。

感情面では愛を失い、孤独に陥ってしまうことになります。
精神のバランスを失い、憂うつになったり、否定的な行動にでたりします。

逆位置
◆ 希望・可能性・手助け・心のささえ・救済

意味が好転します。

貧しき魂に信念と信仰心が宿ります。
失業している人は一時的であるにせよ就職の道がみつかります。

健康は改善するでしょう。
視野が広がり、人生の展望が明らかになってきます。

SPONSORED LINK

ペンタクルスの6 

6のカードの基本テーマはバランスです

ペンタクルス6

正位置
◆ 慈善・慈愛・保護・施し・協力関係・寛大

出資は成功し、配当金が得られます。
仕事や投資は積極的に行うと良いでしょう。
利益は何倍にもなるでしょう。

他の人を助けるような仕事に従事することも暗示します。

逆位置
◆ 不安定・執着・過信・自分本位・貪欲

当然受けられるはずのもの、賃金、配当、報酬、利益などを
受け取ることができません。

重要なことは必ず文面に残し、説明不足、言い間違い、聞き違いなどを
避けるため、契約書には必ず目を通しましょう。

ペンタクルスの7 

7のカードは、サイクルの終わりと魂の広がりを示します

ペンタ7

正位置
◆ 悲観的・やり直し・挫折・転機・懸念・節目

失敗と不満足の意味があります。

質問者の願望と動機は変わってしまい、
今まで取り組んできたものには興味がなくなったかもしれません。

たとえば、結婚生活、キャリア、家族、資産などの
物的財産を表しています。
現状では満足できず、もっと進んでいきたいと考えています。

健康上では、内臓の機能障害、
全身機能の欠陥やアンバランスからくる問題。

逆位置
◆ 不安・負債・損失・むなしさ・幻滅

金銭面での不安、負債、抵当、ローンの支払いを示します。
努力は実を結ばず、むなしさ、損失が残るだけです。

ペンタクルスの8 

8のカードは、バランス、成功、力を暗示します。

ペンタクルス8

正位置
◆ 練習・努力・結果・成果・認知・可能性・準備

自己発見、職業訓練、課題研究など自分の技術に磨きをかけようと
努力しています。
高収入で安定した状態の可能性があります。

影響力のある人との出会いで、
人間関係や身についた技術は将来のために活用できるでしょう。
そのうち認められ、仕事の達人になっていくでしょう。

逆位置
◆ 適当・真似・卑怯・中途半端・単調・盗作・平凡

腕はいいのですが、平気で手抜きします。
うぬぼれが強く、自滅していくか、
人を踏み台にしてのし上がっていきます。

詐欺、横領、ヤミ取引、わいろ、裏工作、脱税、保険金詐欺などの
暗示があります。

ペンタクルスの9 

9のカードの基本テーマは到達を意味します

ペンタクルス9

正位置
期待・待望・喜び・出世・収入

達成という意味があります。

経済的利益、安全性や安定性の向上、自信、独立といったものが
得られました。

最後までやり通す忍耐力を意味します。

逆位置
◆ 陰謀・策略・悪事・打算・みだらさ・あいまい

損失、喪失、略奪を暗示します。
内なる忠告や良識を無視し、愚かな行動をとってしまうでしょう。

ペンタクルスの10 

10のカードはゴール・終点を意味します

ペンタクルス10

正位置
◆ 安定・家族・繁栄・資産・財産・人間関係・富み

富を表すカードで、
すべてが順調で安全なまま進行することを暗示しています。

独身生活から結婚生活へ、依存生活から独立生活へ、
無職から就職への移行などがあげられます。

社会におけるステータスの変化も意味します。

逆位置
◆ 借金・浪費・悪化・成り行き任せ・怠惰・墜落・惰性

質問者の評判、家庭環境や仕事仲間との関係は
好ましくない状態へと変化していき危険にさらされます。

家族と家計は不安定になるでしょう。

投機や投資、売買やリスクの大きい勝負事は避けた方がいいでしょう。

小アルカナ「カップのエース~10」の意味はこちら
小アルカナ「ワンドのエース~10」の意味はこちら
小アルカナ「ソードのエース~10」の意味はこちら

出典&一部参考: タロット教科書 第1巻
もっと詳しくお知りになりたい方におススメです!

♦ 私のお気に入りのタロット本とタロットカードです。
この二つさえあれば、あなたもタロット占い師!?
【新品】【本】タロット教科書 第1巻 マルシア・マシーノ 栄チャンドラー

タロットカード☆日本語解説小冊子付 ライダースタンダード アーサー・エドワード版☆RIDER TAROT OF Arthur E. Waite

SPONSORED LINK

関連記事

カップ「キング・クィーン・ナイト・ペイジ」

【カップのコート・カード】 ロマンティックな夢や芸術面における構想を生み出す 大きな創造力を持っ

記事を読む

タロットカード 小アルカナ「ワンドの エース~10まで」の意味

  タロットカードの小アルカナ「ワンド(木の棒)」には 「キング・クィーン・ナイト・

記事を読む

タロットカード 小アルカナ数冊の意味早わかり

  タロットカード 小アルカナ数冊の意味早わかり タロットカード占いの始め方と

記事を読む

ソード「キング・クィーン・ナイト・ペイジ」

【ソードのコート・カード】 ソードで表された人は、しばしば、試練や苦難の過去を 背負った人々でそ

記事を読む

タロットカード 小アルカナ「ソードのエースから10まで」の意味

  タロットカードの小アルカナ「ソード(剣)」には 「キング・クィーン・ナイト・ペイ

記事を読む

タロットカード 小アルカナ「カップのエースから10まで」の意味

  タロットカードの小アルカナ「カップ(気持や感情を入れる入れ物)」には 「キング・

記事を読む

ペンタクルス「キング・クィーン・ナイト・ペイジ」

【ペンタクルスのコート・カード】 ペンタクルスで表される人々は、彼らが持っているもの、 もしくは

記事を読む

ワンド「キング・クィーン・ナイト・ペイジ」

【ワンドのコート・カード】 野心的、熱狂的、冒険的な人を表しています。

記事を読む

PAGE TOP ↑