*

大アルカナ 21番 世界「絵柄の解釈」

公開日: : 最終更新日:2018/09/09 大アルカナ

20番 審判へ
0番 愚者へ

「世界」は最後の「審判」のあとにくるものであって、ここにあるのは新世界なのだそうな~。従って古い価値観は消滅し、また新しくすべてが始まるのである。

SPONSORED LINK

【 世界の絵柄の解釈 】

「世界」輪の真ん中にいる人物は、男性でもあり、女性でもある、「両性具有の存在」といわれています。人物を囲んでいる輪は卵・子宮を表しその上下の赤いリボンと併せて無限マーク(∞)を表している。

両手に持つワンドは、完全な純化と潜在意識と顕在意識の支配を表しています。

愚者(0)で始まった様々な修行、経験を得て、ここで完成されます。そしてまた再びスタートラインに立ちました。

SPONSORED LINK

【 世界のイメージ 】

彼女はギリシアの大地の女神ガイアです。人々は彼女にはぐまれてきたとされています。カルマの神で、人々の行動にそれぞれふさわしい報いを与えます。彼女は宇宙のダンサーです。真の自己を発見し、その存在をダンスで表現しています。

*~*~*~*~*~*~*

大アルカナ一覧はこちらへ
◆20番 審判はこちらへ
◆ 0番 愚者はこちらへ

SPONSORED LINK

関連記事

タロットカード 大アルカナを物語として読むと更に理解が深まる!

まずはじめに「タロット占いとは」 大アルカナの物語を読み解く 大アルカナは全体で

記事を読む

大アルカナ 13番 死神 「絵柄の解釈」

12番 吊るされた人へ 14番 節制へ 基本的には「死」を表わしますから病気の経過を占って出

記事を読む

大アルカナ 8番 力 「絵柄の解釈」

7番 戦車へ 9番 隠者へ 一般的に力を力で押さえつけるのも一つの手ではあるが、もう一つの手

記事を読む

大アルカナ 4番 皇帝「絵柄の解釈」

女帝へ 法王へ 世俗的な頂点にあることを示しています。指導力、統率性、野心、富、権威などがあ

記事を読む

大アルカナ 12番 吊るされた男 「絵柄の解釈」

11番 正義へ 13番 死神へ このカードの人物は恐怖に震えるではなく、むしろ平然としていた

記事を読む

大アルカナ 5番 法王「絵柄の解釈」

皇帝へ 恋人へ 基本的にこのカードは宗教関係の象徴です。儀式ということで結婚式や葬式を表わす

記事を読む

大アルカナ 2番 女教皇「絵柄の解釈」

1番 魔術師へ 3番 女帝へ 女教皇が座っている背景の柱の間の向こうには、別世界があるとされ

記事を読む

大アルカナ 20番 審判「絵柄の解釈」

19番 太陽へ 21番 世界へ 不振から立ち直って再出発です!手術であれば成功。決心、決定す

記事を読む

大アルカナ 9番 隠者 「絵柄の解釈」

8番 力へ 10番 運命の輪へ 心理学的に左への進行は心の深層へ向かっていることを表わします

記事を読む

大アルカナ 1番 魔術師「絵柄の解釈」

0番 愚者へ 2番 女教皇へ 基本的な意味は「魔法」と「スタート」です。スタートといえば

記事を読む

PAGE TOP ↑