*

20番 審判「絵柄の解釈つき」

公開日: : 最終更新日:2017/11/20 大アルカナ 22枚 意味「絵柄の解釈つき」

SPONSORED LINK

太陽へ

不振から立ち直って再出発です!手術であれば成功。決心、決定するとき。新しい時代へ代替わり。

【 審判の絵柄の解釈 】

「審判」大天使ガブリエル(神の力)がラッパ(ニガヨモギのラッパ)を吹き鳴らすと、死者が蘇るというふうに言われています。

ラッパについている旗はギリシャ十字、すなわち救済の十字です。審判ⅩⅩは、Ⅹの運命の輪が一回転して逆戻りするわけです。

運命の輪にある、肉体を捨てた魂たちはひとまわりして再び肉体に戻ります。これは、私たちが天国とこの世を行き来しながら進化を遂げるローテーションであることを表しています。

解放・復活する!という解釈になります。

【 審判のイメージ 】

これは復活のカードです。魂が地上での役目を終え、自分の故郷へと呼び戻されます。

天空に出現した大天使ガブリエルがトランペットで私たちを目覚めさせ、人生・行動・考えの審判へと導いていきます。

SPONSORED LINK

【 審判の解釈 】

正位置

復活・再生・解放・変身・決断・自分の力に気づく。

このカードが正位置に出るとやり残したことを片付ける時である。

質問者は恐れや悩みから解放され、自分の意思やエネルギー、可能性を認識し、表現できるようになります。

自分の心が審判され、真実に気づきます。最後に満足できるような道を行けとカードは教えてくれます。

他人の支配や困難な状況から解放されるか、自力で脱出できます。この救済は、引っ越し、転職、異動といった形で現れるでしょう。仕事や生活に新しい方向性を見つける事を暗示しています。

重要な事柄に関し自分が正しいと思ったことに従い、他人の影響力を排除します。心と精神のバランス、完全性への心理的変化が起こります。

逆位置

消滅・幻滅・復活できない・解放されない・停滞・変化しない。

このカードが逆位置に出ると人の支配や困難な状況から抜け出ることができません。質問者は変化そのものを恐れるため、重要な事柄について、自分から主体的に動こうとしない。

*~*~*~*~*~*~*

大アルカナ一覧はこちらへ
太陽はこちらへ
世界はこちらへ

※ 主な参考書籍:《送料無料》タロット教科書 第1巻

SPONSORED LINK

関連記事

16番 塔 「絵柄の解釈つき」

悪魔へ 星へ 基本的に突発的な出来事を示します。一般的には悪い出来事が多いですが、一目ぼれと

記事を読む

17番 星「絵柄の解釈つき」

塔へ 悪魔、塔で打ちのめされた末に、トンネルの向こうに明るい出口の光が見えたような、そういう希

記事を読む

18番 月 「絵柄の解釈つき」

星へ 「あいまい」なこのカード。基本的には星で生まれた希望が育ってきているが、まだ太陽になるま

記事を読む

2番 女教皇「絵柄の解釈つき」

魔術師へ 女帝へ 女教皇が座っている背景の柱の間の向こうには、別世界があるとされ、彼女はその

記事を読む

7番 戦車 「絵柄の解釈つき」

恋人へ 力へ カードは2頭の馬に引かれている。つまりこれは組織的突進であり、つながれていない

記事を読む

0番 愚者「絵柄の解釈つき」

魔術師へ 自由と愚行です。例えば恋愛の行く末を占ってこのカードがでたら、愚かな恋と読んだり、別

記事を読む

8番 力 「絵柄の解釈つき」

戦車へ 隠者へ 一般的に力を力で押さえつけるのも一つの手ではあるが、もう一つの手として、力を

記事を読む

6番 恋人 「絵柄の解釈つき」

法王へ 戦車へ この恋人のカードを引いたなら、楽しみや喜びを感じることを素直に追及しましょう

記事を読む

4番 皇帝「絵柄の解釈つき」

女帝へ 法王へ 世俗的な頂点にあることを示しています。指導力、統率性、野心、富、権威などがあ

記事を読む

5番 法王「絵柄の解釈つき」

皇帝へ 恋人へ 基本的にこのカードは宗教関係の象徴です。儀式ということで結婚式や葬式を表わす

記事を読む

PAGE TOP ↑