*

16番 塔 「絵柄の解釈つき」

公開日: : 最終更新日:2017/11/20 大アルカナ 22枚 意味「絵柄の解釈つき」

SPONSORED LINK

悪魔へ
星へ

基本的に突発的な出来事を示します。一般的には悪い出来事が多いですが、一目ぼれとか、宝くじの当選とかいった広い意味での「事故」を表わすこともあります。

【 塔の絵柄の解釈 】

稲妻が光り、高い塔が神の怒りを表わす落雷を受け大きく崩壊しています。

塔の上に飾られていた王冠は、そこの住人である男女が上っ面だけの利己的な考えに囚われていたことを表します。

創造的生命の力を示すしずくが、シンボリックに降りそそいでいます。古い考えを洗い流し、新しい生命の息吹が吹き込まれています。

真実と啓発のカードです。目覚めと新しいものの見方を意味します。精神面ではとてもいいカードです。

彼(女)を孤独にしてきたパーソナリティや、真実さを完全に知りえなかった心の一面に光をあてる洞察力と理解力が与えられます。

【 塔のイメージ 】

「塔」は、真実と啓発のカードです。目覚めと新しいものの見方を意味しています。これは天界をめざして立てられたバベルの塔です。神はこれを快く思わず、人間が別々の言葉で話すようにしてしまいました。

塔は、神の真実を求めようとする人々全てが経験する目覚めと啓発の体験です。精神の成長を促すための豊かな土壌がそこにあります。

SPONSORED LINK

【 塔の解釈 】

正位置

地位を失う・崩壊・破壊・ハプニング・災難。崩れること・真実に気がつくこと。

このカードが正位置に出ると培ってきたものが全部崩れる。まさかそんなことが!という事態が起きます。予想が外れるという意味もあります。

質問者が人生を好転させたいならばこの変化が必要なのです。変化に伴う混乱や痛みと直面し、解決していかなければならないでしょう。

改めて問題を見直すことや、原点回帰、謙虚な考えをもつことが重要と語られています。

利己的な傾向や、人を利用しようとする下心が暴かれます。

直面する障害を乗り越えることで、生活に新しいエネルギーが入り、新しい始まりや回復期を迎えていきます。

健康に関するものでしたら気の使い過ぎや病気による衰弱が暗示されます。

逆位置

衝突・緊迫状態・危機・期待どおりの変化。

このカードが逆位置に出ると避けようと思えば避けられる危機、真実が良い変化を運んできます。

困難な状況になることに注意を促しています。しかし、質問者は自分自身でその原因に気がついているはずです。さらに新しいエネルギーが沸いてくるまでに時間がかかり、悩み苦しむ期間が長引くことになるかもしれません。

*~*~*~*~*~*~*

大アルカナ一覧はこちらへ
悪魔はこちらへ
星はこちらへ

※ 主な参考書籍:《送料無料》タロット教科書 第1巻

SPONSORED LINK

関連記事

9番 隠者 「絵柄の解釈つき」

力へ 運命の輪へ 心理学的に左への進行は心の深層へ向かっていることを表わします。右への進行は

記事を読む

5番 法王「絵柄の解釈つき」

皇帝へ 恋人へ 基本的にこのカードは宗教関係の象徴です。儀式ということで結婚式や葬式を表わす

記事を読む

20番 審判「絵柄の解釈つき」

太陽へ 不振から立ち直って再出発です!手術であれば成功。決心、決定するとき。新しい時代へ代替わ

記事を読む

4番 皇帝「絵柄の解釈つき」

女帝へ 法王へ 世俗的な頂点にあることを示しています。指導力、統率性、野心、富、権威などがあ

記事を読む

7番 戦車 「絵柄の解釈つき」

恋人へ 力へ カードは2頭の馬に引かれている。つまりこれは組織的突進であり、つながれていない

記事を読む

19番 太陽「絵柄の解釈つき」

月へ 星、月、と少しづつ育ってきたものがここで結実します。実現のカードです。太陽のカードは成功

記事を読む

10番 運命の輪 「絵柄の解釈つき」

隠者へ 正義へ このカードは基本的には人生の大きな岐路があり、そこに自分が関わろうとしている

記事を読む

8番 力 「絵柄の解釈つき」

戦車へ 隠者へ 一般的に力を力で押さえつけるのも一つの手ではあるが、もう一つの手として、力を

記事を読む

11番 正義 「絵柄の解釈つき」

運命の輪へ 吊るされた男へ このカードは「自分が正しいと思うことを信じて進むよりほかない」と

記事を読む

14番 節制 「絵柄の解釈つき」

死神へ 悪魔へ このカードには愛や性といった要素が強く、ある意味では「愛は死より強し」を表わ

記事を読む

PAGE TOP ↑