*

15番 悪魔 「絵柄の解釈つき」

公開日: : 最終更新日:2017/11/20 大アルカナ 22枚 意味「絵柄の解釈つき」

SPONSORED LINK

節制へ
塔へ

悪魔のカードは、災害や疾病なども表します。また束縛や、性的な要素も強く、実際にセックスそのものやSMプレイなどを意味します。

【 悪魔の絵柄の解釈 】

コウモリの翼、ワシの爪、ヤギの頭、悪魔の姿が身の毛もよだつように描かれています。この世に存在しない動物。

首にかけられた鎖は緩いから逃げだせるはず、本人は、とらわれていることに気づいていないことを意味する。

冷静さと常識を持ち、その不安のとりこになってしまわないように行動すること。

彼は、モラルを無視するようにほのめかす私たちの悪魔的側面です。

【 悪魔のイメージ 】

人々を誘惑し、自分につなぎとめておくだけの魅力を有しているようです。

ヤギの足、角、ヒゲをした姿で地上にはじめて現れた自然の神パンです。彼は未の守護神、あるいは肥沃(ひよく)の神と考えられています。堕落天使ルシファーです。

より強大な力を与えてくれるように神に迫り天界から追放されました。彼は、モラルを無視するようにほのめかす私たちの悪魔的側面です。

SPONSORED LINK

【 悪魔の解釈 】

正位置

金銭欲・物質欲・肉欲・不倫・罠・破壊・堕落・見栄。偽装結婚、攻略結婚、束縛・邪心・重圧・欲望。

このカードが正位置に出ると金銭目当ての結婚を表します。間違った選択をしてしまう。

悪い癖と自分でわかっていても意志が弱いためやめることができず、余計に怒りと欲求不満をもたらしてしまいます。

金銭欲から、何かをしたり、周りの人を手玉にとる傾向があります。強欲は人間の感覚を狂わせ、不健康にし、生活自体を大きく乱してしまうもとです。

恨みや敵意など断ち切りがたい感情に支配された状態や肉体的な病もこのカードが示すところです。

逆位置

不安・敵・物への執着心からの解放・縁が切れる。

このカードが逆位置に出ると腐れ縁からの解放、精神性に目覚める。誘惑を断ち切ることができる。

不安は治まります。むなしさ、敵、わがままな欲望は克服される。

*~*~*~*~*~*~*

大アルカナ一覧はこちらへ
節制はこちらへ
塔はこちらへ

※ 主な参考書籍:《送料無料》タロット教科書 第1巻

SPONSORED LINK

関連記事

13番 死神 「絵柄の解釈つき」

吊るされた人へ 節制へ 基本的には「死」を表わしますから病気の経過を占って出た時はこの世から

記事を読む

5番 法王「絵柄の解釈つき」

皇帝へ 恋人へ 基本的にこのカードは宗教関係の象徴です。儀式ということで結婚式や葬式を表わす

記事を読む

14番 節制 「絵柄の解釈つき」

死神へ 悪魔へ このカードには愛や性といった要素が強く、ある意味では「愛は死より強し」を表わ

記事を読む

4番 皇帝「絵柄の解釈つき」

女帝へ 法王へ 世俗的な頂点にあることを示しています。指導力、統率性、野心、富、権威などがあ

記事を読む

6番 恋人 「絵柄の解釈つき」

法王へ 戦車へ この恋人のカードを引いたなら、楽しみや喜びを感じることを素直に追及しましょう

記事を読む

1番 魔術師「絵柄の解釈つき」

愚者へ 女教皇へ 基本的な意味は「魔法」と「スタート」です。スタートといえば入学、創業、新婚

記事を読む

3番 女帝「絵柄の解釈つき」

女教皇へ 皇帝へ 「皇帝、女帝、魔術師、女教皇」この4枚は家族を表現している。

記事を読む

21番 世界 「絵柄の解釈つき」

審判へ 「世界」は最後の「審判」のあとにくるものであって、ここにあるのは新世界なのだそうな~。

記事を読む

19番 太陽「絵柄の解釈つき」

月へ 星、月、と少しづつ育ってきたものがここで結実します。実現のカードです。太陽のカードは成功

記事を読む

20番 審判「絵柄の解釈つき」

太陽へ 不振から立ち直って再出発です!手術であれば成功。決心、決定するとき。新しい時代へ代替わ

記事を読む

PAGE TOP ↑